2013年03月31日

円弧状道路に敷設した場合の大きさについて

Spark_2013-03-31_11-05-56min.jpg

シムシティWikiの建物のサイズの記事につきまして(http://w.livedoor.jp/simcity2013/d/%b7%fa%ca%aa%a4%ce%a5%b5%a5%a4%a5%ba)、これは確かに正確な測量ができそうです

ただいちいち数えるのはめんどくさいので、基本は公園などの少し大きくて安価なものさしではかるのがよさそうです


では、円弧状の道路に建物を敷設した場合はどのようになるのでしょうか






Spark_2013-03-31_11-48-47min.jpg

二つの異なる曲率をもつ道路を用意し、そこに長い遊歩道を敷設します
二つの道路の曲率比はおおよそ2になっているはずです


Spark_2013-03-31_11-50-08min.jpg

Spark_2013-03-31_11-50-42min.jpg

幅の長さは(ちょっと考えれば当然のことですが)内径が標準となり、外形がそれにあわせて長くなるようです

外形側の長さは内径側の長さの2倍、円周の長さは半径の長さに比例するので、円弧上に配置された施設は、内径側を基準としたほぼ綺麗な扇形になっています


というわけで、円弧上に建物を隙間なくぴったり合わせたい場合は、内径側の長さを基準にして道路を測量しましょう(公園を並べればいい話なんですけども!)





ちなみに内径側の円弧半径をr、敷設する施設の幅l、奥行きをdとすると、外形側の円弧半径R=r+dとなるので、


外形側の幅 L = R/r * l = (1+d/r) * l


となります

rがわからないのでやっぱり公園ではかるしかないと思いますが
タグ:シムシティ
posted by Noise at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | シムシティ:メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64206168

この記事へのトラックバック