2013年04月01日

都市開発4-2

Spark_2013-03-31_21-50-17min.jpg

街の出入り口の車高制限がきつすぎる鉱業都市を開発していきます

今回は宇宙開発センター建設にコンピュータを供出するということで、まず家電工場の設立許可を取るため、電子機器本部家電部の設立を目指します
…こんなの地域に1つあればいいだろ、と思うのですが




Spark_2013-03-31_19-39-28min.jpg

電子機器本部家電部は電子機器の売り上げがある程度以上のとき設立できるということですが、家電部のない状態で売ることのできる電子機器がプロセッサーしかないので、まずはプロセッサーを作りまくって売りまくります


Spark_2013-03-31_19-43-14min.jpg

途中、怪獣が何もない平原に現れ野焼きを始めました
こうしてみるとかわいいもんです

………後々ひどい目に合うわけですが


Spark_2013-03-31_19-57-17min.jpg

そうこうしてるうちに家電部の設立が許可されたので、さっそく設置して家電工場を建設し、コンピュータとTVの製造を開始、TVは輸出してコンピュータを宇宙開発センターのほうへ供出します

プロセッサ工場は別に壊さなくてもよかったのですが、鉱業都市のポリシーに反するので壊しました
こだわりというやつです


Spark_2013-03-31_20-03-25min.jpg

ただそれが仇をなしたのか、財政がものすごい赤字に転落しました
蓄えていた300万シムオリオンのうちの半分以上が一瞬のうちに消し飛びました

あわててコンピュータ供出時のみの緊急措置として家電工場をもう一棟建設し、TVを製造して財政をやりくりします


これで少しの黒字に持ち直し、安堵していたところ、今度はまた怪獣が現れました
怪獣は合金の精錬工場の真下から現れ、精錬工場を爆砕、そのままごみ収集所へ向かう道程で家電工場を半壊します(あわててたのでキャプなし

これの建て直しにさらにお金が消し飛びます

建て直しが終わったところで今度は竜巻が発生し、輸出品の製造資材および輸出品の保管庫が粉砕、さらにお金が消し飛びます

………ちょっと泣きたくなりました

このまま破たんするかもしれないなぁと思いつつ、なんとかふんばって持ちこたえることができました


そのままコンピュータの供出も完了し、現在に至ります


Spark_2013-04-01_13-57-00min.jpg

全部僕がやるのも面白くないだろうということで、燃料は全部しゅんぞう市長に任せようと思っていたのですが、なにかバグによるトラブルでトラフィックがジャムって偉業に物資を搬送できない状況だそうで、わずかながら僕も燃料を供出し始めました
うちには石油の埋蔵がないので、燃料は輸入するしかないのですが

ただまあ、もうこの街への興味は「原鉱を掘りつくした後の再開発」に向いているので、原鉱を掘りつくすまで特になにもすることはないのです
一気に掘りつくしたいところでもありますが、そうすると公害がひどかったり、原鉱を加工しきれずそのまま売らないとだめだったりでいろいろ不都合があるので、ゆっくりやるしかないかなーと思ってます

チーターがはよ復活すればいいんですけどね!
タグ:シムシティ
posted by Noise at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | シムシティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64259449

この記事へのトラックバック