2013年04月10日

住宅と商店との距離について

Spark_2013-04-10_17-22-38min.jpg

大通りは、途中に分岐路や小道を作る建物がない限り、右折も左折もできません
つまり、一本の直線大通りは、一つの環状道路とみなすことができます

では、このように大通り沿いに区画を設定した場合、雇用区画にいちばん近そうな住宅が実は一番遠い、というようなことになるのでしょうか


Spark_2013-04-10_17-32-17min.jpg

……あれ、みんな歩いてますね


Spark_2013-04-10_17-34-17min.jpg

なるほど、自動車は道路を横断できませんが、歩行者は道路を横断できるので、自動車より歩いたほうが距離が近く、みんな歩行を選択したようです
奥側の住民は歩いたほうが近いけど自動車のほうが速くつくはずなんですけどね…
時間より距離を優先するようです

ふーん





Spark_2013-04-10_17-47-06min.jpg

住宅の幸福度とお金の様子
右側が雇用区に近く、左側に行くほど遠いです

右側の住宅はお金がないけど幸福度が高く、左側の住宅はお金はあるけど幸福度は低いようですね
予想では右側にお金と幸福度が集中し、左側の住宅はお金が無くなって廃墟になるんじゃないかと思っていたのですが、そうでもなさそうです

右側の住宅の幸福度が高いのは、商店との距離が近いので買い物帰りのシムをよく吸収できるからだと思いますが、お金がないのはなんでですかね
お金を持った仕事帰りのシムもよく吸収できそうなものなんですけど

買い物でお金使ってるから?
でも仮にそうであれば、幸福度をあげるにはお金を消費し続けるしかなく、結局お金が無くなってそのまま廃墟になってしまう気がするのですが、どうなんでしょか


Spark_2013-04-10_17-59-41min.jpg

とか思ってたら、幸福度が一定以上にたまって低密度住宅から中密度住宅に進化し、お金と幸福度がリセットしてランクアップしました
…なるほど、それだと確かにお金は回復しますわね

でもそれだと、発展しきった後、やっぱりお金なくなって廃墟になるんじゃないでしょうか
それが原因なのかなぁ


この後もしばらく放置して見守っていたのですが、人口が増えて職場が足りなくなり、距離の問題と雇用不足の問題を分離できなくなったので一旦終了しました

お金がない問題はもしかしたら避けられない問題なのかもしれません(それとも公園で回避?
タグ:シムシティ
posted by Noise at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | シムシティ:メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64733619

この記事へのトラックバック