2013年04月26日

歩行者について

ほんとにメモです



歩行者は渋滞を引き起こさないというメリットがある一方、速度が遅いというデメリットもあります

シムは目的地が近くにあれば、そこまで歩いて移動しようとします

しかし、目的地に達する前にそこが「椅子取りゲーム」ルールによって定員に達した場合、歩行者は別の目的地を探しに行かなければ行けません

その目的地がどんなに遠くても、歩行者は自動車に乗ることも交通機関を使うこともなく、ひたすら歩き続けます

そのひたすら歩き続けるシムなのですが、ある程度歩き続けてある時間に達すると、どうやら適当な施設に入って消えてなくなるようです(施設に入らず、交差点で突如消えることもある)

その消えたシムが永遠に消えるのか、どこからかまたわいてくるのかはわかりませんが(多分後者)、問題はそのシムが持っていたお金、幸福度、教育度も一緒に消えてしまうということです



解決策は現在考え中
多分施設の配置バランスによりうまく行くと思います、が、「なぜかシムが入らない建物」の存在も気になっているのでどうにもならない問題かもしれません

よいアイデアがある方はこちらの宛先かWikiにでも宜しくお願いします
posted by Noise at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | シムシティ:メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65708031

この記事へのトラックバック