2013年05月03日

100万人都市を目指して(1)

ここまで、シムの挙動を観察し、なにをすればどうなるのかがだいたいわかってきましたので、この辺で100万人都市にチャレンジしてみました

正直パッチ2.0前の、商店と公園を一切置かずに税率を0にしとけばいい、みたいなプレイはしたくなかったのですが、パッチ2.0後、その作り方はどうも難しくなったようで、それと「お金がない」の原因に目処が立ったことも相まっての挑戦です

正直初めは、こんなん住宅置いとけばいいだけだし、楽なんじゃないの、などと思っておりました

結論から申しますと、現在に至るまで、いまだ100万人都市の成功には至っておりません

というわけで、これから書き留めるのは100万人都市を作る方法ではなく、100万人都市を作るヒントのようなものです


場所はタイタン渓谷のフロンテア・フィールズ
Wikiで100万人都市を作ってる方々が軒並みそこを採用していたので、僕も考えなしにそれに倣いました
個人的には特にここである必要はありません


Spark_2013-04-28_15-50-02min.jpg


・都市1号
画像なし

初めは1つで独立して成立する小都市を同マップにいくつも配置し、合計で100万人にしようとしました
独立というのは本当に独立で、都市の出入り口からも独立させようとしました
小都市にはそれ1つですべてのインフラを備え、建設や引っ越しの時のみ道路をつなげようというものです

想像をはるかに超える建て替え需要により頓挫しました



・都市2号
画像なし

1号の反省を踏まえ、独立を諦めて半独立都市とし、ほとんどのことを小都市にて賄えるようにすることで、他の区画への移動を最小限にとどめ、渋滞をなくそうというコンセプトをとりました

しかし、雇用の場として用意した工場が、建てたそばから出荷場所不足で廃墟化し、さらに危険物火災が沈下できず、足を引っ張るばかりで、2区画目を作る前に頓挫しました



・都市3号
Spark_2013-04-28_18-33-58min.jpg

2号の反省を踏まえ、工場を少なくして精錬工場を建設しました
精錬工場は高密度工場に比べて敷地面積を広く占有するものの、廃墟化および危険物火災を起こす恐れが少ない(たぶんない)と思ったからです
さらに街の入り口には商業地を固め、(外に街を作っていないにも関わらず)市外へ移動する買い物客をスムーズに帰還させようとしました

しかしその商業地がやはり出入り口に渋滞を生じさせ、移動がスムーズに行われず機能が部分的に麻痺
さらに少なめにした工場もやはりすぐに廃墟化したため、やはり2区画目を作る前に頓挫しました



・都市4号
Spark_2013-04-29_18-14-34min.jpg

前回、買い物客の数は異常だ、ということを学習したため、4号の商業地へは歩道を介して歩行者しかいけないような作りにしました
メインの雇用供給源である精錬工場には自動車でもいけます

この作りは確かに買い物客由来による渋滞を緩和しました
しかし、雇用地が北と南に固まっていたため、中央あたりに位置する住宅地にお金がうまく回らず、「お金がない」を頻発させました

さらに、ごみ収集車が建物を介して道路がつながっていない区画へ侵入するバグによりたびたび消失し、そのたびにガレージを建てなおすという無駄な労力を使わされました

また、この方法では100万人には及ばないと見切り頓挫



・都市5号
Spark_2013-04-30_21-46-40min.jpg

4号の反省を踏まえ、雇用地を住宅地にまんべんなく近くなるよう分散し、さらにごみ収集車が建物を介して独立区画へ侵入しないよう距離をとりました

これは割とうまくいき、「お金がない」問題も建設途中でRCIの配置に偏りがある地域を除き、ほとんど出ることはありませんでした


Spark_2013-05-01_21-02-59min.jpg

今回初めて2区画以上都市を広げるところまで進みましたが、やはり無駄なスペースが多く、このペースだと100万人は無理だろうということで頓挫しました

ちなみにごみ収集車は距離をとっても「歩道を介して」独立区画へ侵入し、消失しました
……これなんとかしてくださいお願いします



・都市6号へつづく…!
posted by Noise at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | シムシティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66308364

この記事へのトラックバック