2013年05月06日

100万人都市を目指して(3)

都市6号から学んだことは以下の通り

・コンセプトはおそらく間違っていない
・スペース的には非常にシビア
・渋滞による緊急車両およびごみ収集車の機能不全は致命的
・学校の数をそろえてもバスは生徒を拾いきれない
・各インフラの必要量


これを踏まえて、都市7号では6号と同様の都市に以下の手を加えました

・学校の全廃
・高機能の警察/消防/病院の全廃、小規模警察/消防/診療所の分散配置
・都市出入り口につながる大通りの中央配置
・下水とごみ集積場の増設、強化


学校と大きい公共施設を全廃し、住宅地区の敷地面積を増やしました
これにより犯罪率と水、電気の使用量が上がることになりますが、どうせ学校を配置したところですべての住民に教育サービスが行き渡るわけではないですし、犯罪率が多少上昇しても低所得民ならある程度は耐えてくれるはずです
水と電気は都市6号で十分に確保されているものと判断しました

大通りを中央に配置し、警察、消防、診療所、ごみ集積所を南北端に配置することで、各車両が渋滞の影響をなるべく受けないようにしました
渋滞をなくすことは不可能と割り切り、少なくする、また、影響を出にくくする方向で考えます
公共交通機関はシムの労働を妨げる要因になる(と思っている)ので一切使用しません
(普通は公共交通機関でしのぐところだと思うんですけどね…とちくり)

警察、消防、医療のサービスは確かに劣化すると思われますが、その辺は最低限のサービスがあれば低所得者どもは満足するはずです
「環境が劣悪な状態でも、買い物さえできれば貧民は満足するし、利益が上がれば商店も満足するんでしょう?」作戦です…!



というわけで作ったのがこんな感じの街です

Spark_2013-05-05_19-11-52min.jpg

コンセプトが同じなので、パッと見全然変わってないように見えますが…
不安を抱えつつスタート





Spark_2013-05-05_20-47-46min.jpg

10万人を超えた時点での様子

なにか都市6号のときより「お金がない」の不満が頻発するようになりました
区画配置は特に変えてないはずなのですが…
パッチ2.1と2.2の違いでしょうか

とにかくお金が無くなって満足度がレッドゾーンになった住宅をホームレスが出る前に叩き潰しながら進めていきます

犯罪者が多数のさばりますが、機能フル強化の小規模警察が次々と取り締まります
火事も多発しますが、大規模の延焼は1度ぐらいで、普段はわりと早めに消火してくれました

高密度の建物が増えるに従い、求人と雇用のバランスがとれ始め(高密度のバランスで配分を決めているためです)、お金がない問題も見られなくなりました

このまま順調に人口は増え続け、97万人あたりでストップ
しかし都市を見渡してみると、まだ中密度のまま高密度に建て替えられていない住宅がちらほら見えます

よく見てみると、道路の間隔が狭くてスペースが足りない模様……いちいち確かめるのめんどくさかったから


Spark_2013-05-06_01-18-20min.jpg

というわけで道路を切って高密度化を促します

目論見通り高密度住宅が建ち始め、人口も増加し…


Spark_2013-05-06_01-37-53min.jpg

これが建てば100万人…


Spark_2013-05-06_01-38-22min.jpg

100万人!
わー


Spark_2013-05-06_01-38-34min.jpg

というわけで、無事人口100万人に到達しましたー
スペース的にはやはりかなりシビアでしたが、それ以外には特に何の問題もなく順調に進みました


Spark_2013-05-06_01-38-51min2.jpg

人口増加の様子
停滞することもなく、順調に伸びてます(最後のほうは高密度化を促す作業で時間とられましたが…)


Spark_2013-05-06_01-39-10min.jpg

人口パネル詳細
全員無学…!
100万人総無学貧民です 幸せならいいじゃない


Spark_2013-05-06_01-39-17min.jpg

財政状況
黒字が出るぎりぎりまで税率下げてました
高密度加速のためなので、おそらく9%のままでも達成はできたと思います
学校、交通機関、特価施設は見ての通り0です


Spark_2013-05-06_19-19-48min.jpgSpark_2013-05-06_19-19-56min.jpg

支持率はこの時点で83%
満足ならいいじゃない

ただやっぱり犯罪とけがが多いですね
……まあいいじゃない


Spark_2013-05-06_01-39-52min.jpg

消防の様子
数日に1軒ぐらいは焼失しますが、まあ全体の火災発生件数と比べればよしといったところでしょう
むしろ渋滞にも捕まらずよくやってくれました


Spark_2013-05-06_01-39-57min.jpg

診療所の様子
同上


Spark_2013-05-06_01-40-02min.jpg

警察の様子
銃声が鳴りやむ暇もないほどでしたが、まあ100万人都市で全員無学ならこの程度なんじゃないでしょうかね…
発生してる犯罪もだいたい万引き程度の軽いものですし、フル配備された警察車両は渋滞に巻き込まれることもなくおおむね検挙してくれています
なんとかなるもんですね


インフラの様子は前と同じなので省略
ただ、下水もうまく処理してましたし、ごみも渋滞につかまることなく綺麗に取り除いておりました

計画通り…!


もう少し高密度化できる住宅が残っているので、手を加えればおそらくもう2〜3万人は増やせると思いますが、この作り方ではそれぐらいの余地しかないはずです

さらにこの都市はまだ市役所を建てていません
そのため通常プレイ時には、市役所、および公共事業局を設置するスペースを確保しなければならないので、本当にぎりぎり100万に届くかどうか、といったところではないでしょうか

道路の間隔を2棟刻みから3棟刻みにするなどでもなんとかなるかもしれませんが…
まあその辺はのちのお楽しみということで


以上!
posted by Noise at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | シムシティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66671038

この記事へのトラックバック