2013年05月17日

下水について

低所得低密度住宅にて調査


・排水間隔はおよそ1時間10分
・汚水はおよそ71分で10回吸い込まれる(律動する)
・一旦排水された汚水の速度は一定
・汚水の(初)速度は排水された施設により異なり、また同じ場所から排出された汚水の(初)速度もそのときどきで一定でない
・1軒あたりおおよそ2.5ガロン/h(200軒で0.5kガロン/h、400軒で1.0kガロン/h)


以上より

排水施設が下水処理場から離れるほど、下水処理場へ到達する汚水の時間は不規則となり、流入する汚水の量の変動幅は大きくなる



追記

・風力発電所、ごみ処理場、上水道施設は下水を出さない
・工場、商店も排水間隔はおよそ1時間10分
タグ:シムシティ
posted by Noise at 13:16| Comment(2) | TrackBack(0) | シムシティ:メモ
この記事へのコメント
役立つ記事いつもありがとうございます。
70分サイクルぐらい見ておかないと、それなりに正確な値がわからないのは(調べる際は)結構手間ですよね。電気・水道のように一定速度でなく、律動しているのも意味がよくわからないです。一体何をモデルにしているのか…。
Posted by esopla at 2013年05月19日 15:20
住宅の下水量は地域ビューのデータマップを参照したのですが、それもあてになるかどうかわからんですからね
建物たくさん建てて長い時間スパンで記録して、建物ごと時間ごとの平均をとるぐらいしか思いつかないです…

一番厄介なのは「直列接続だと一方の施設が使えなくなる」ことなんですけど
もうすごく厄介
Posted by Noise at 2013年05月19日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67825280

この記事へのトラックバック