2013年05月25日

河川の水源について

Spark_2013-05-24_23-02-03min.jpg

河川と河川から離れたところにポンプ場を設置し、時間経過による地下水量の変化を調べます
初期値は両方ともに1697kガロン


Spark_2013-05-25_00-30-29min.jpg

2年目


Spark_2013-05-25_01-19-17min.jpg

3年目


明らかに差が出てます

これで河川近傍が無限給水区であるということはできませんが、平地よりもはるかに長持ちすることはわかりました

じゃあ河川のないマップだとやっぱり下水リサイクルに頼るしかないの? っていう話ですが、一応雨水で地下水量が増加する様子も確認できたので、一方のポンプ場を閉鎖して地下水量の回復を待ち、もう一方のポンプ場(または地域のポンプ場)を稼働させて当面の水を確保する、というプレイが可能であるように思われます(実現可能かどうかは確かめていないのでわかりません

簡単にやるならやっぱり下水リサイクルでしょうね
……僕はどうにも受け付けないんですけど

タグ:シムシティ
posted by Noise at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シムシティ:メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68306911

この記事へのトラックバック